ホーム診療時間案内 › ご来院の前に。

ご来院の前に。

飼い主様へお願い。

■来院する時の持ち物■

診察券、保険証を必ずお持ちください。


当院で初めて診察を受ける場合には、過去に打った予防接種証明書や検査結果をお持ちください。他院からお薬の処方がされている場合は、処方箋やお薬をお持ちください。


下痢・嘔吐・血尿などがある場合は、現物をお持ちいただくと検査・診断がスムーズにできます。
また、症状が出ている時の様子を動画や写真が撮れた場合、診察時にお見せください。説明が難しい場合でも、診断がよりスムーズに行えます。



ご来院される際は、なるべく受付時間内にお願いします。
お昼休憩の時間を利用して、手術や入院のお世話などをしています。

手術中は獣医師が対応できないため、受付時間や診察時間をお間違えの無いようにご確認をお願いします。
また午前の受付ギリギリになってしまい、休憩時間に入ってしまいそうな場合やお急ぎの場合は、一度お電話をお願い致します。

 

■待合室での過ごし方■

 

<リード着用・ケージに入れよう>

・リードを必ず着用する、またはキャリーケースや洗濯ネットに入れましょう。長すぎるリード・伸びるリードは行動制限ができませんので、ご遠慮ください。

・待合室で放さないでください。
外へ逃げた場合やペット同士のトラブルの原因になります。
※ノーリードで放置は危険です。待合室はドッグランではありません。

・キャリーケースの扉を開けたり、中の子を出さないでください。
慣れない音や声にびっくりして飛び出してしまいます。
逃げ出してしまったり、院内でケガをしてしまうと大変危険です。
待合室内では、おうちの子の行動制限をお願いします。


犬だけが好きな方、猫だけが好きな方、小動物だけが好きな方それぞれがいらっしゃいます。ご配慮をお願いします。

うさぎ・フェレット・ハムスター・小鳥など小動物は
犬や猫と同じ待合室でお待ちいただく場合もございますので
ケージにタオルや毛布を掛け、外が見えない様にしてくださると安心です。
また、飛び出さない様に十分にご注意ください。
 

<ペットを椅子に乗せない・座らせない>

待合室の椅子に直接犬を座らせるのは衛生面からしても好ましくありません。犬だけではなく、猫や小動物を連れてこられる方もいらっしゃいます。また、キャリーケースも椅子の上に置くと、落下や転落でのケガの恐れがあります。


リードは短くもち、飼い主様の足元に座らせるか、膝の上で持つようにしてください。キャリーケースも同様です。
また、小さなお子様をお連れの場合も、お靴のまま椅子のうえに、上らせない・椅子で横にならない様に、ご配慮をお願いします。

 

<ペット同時の接触>

可愛い子や同じ品種の子を見かけるとつい接触したくなりますが、接触を避けなければいけない子や、慣れない環境のために神経質になっている場合がありますので、控えましょう。

 

<粗相をしてしまったら>

体調不良や緊張などで、待合室でオシッコやウンチをしてしまったり、嘔吐をしてしまったら、消毒をいたしますので、そのままにせずスタッフまでお声かけください。




スタッフはもちろん、飼い主様ひとり一人がマナーを守り、お互いのおうちの子の健康を守りましょう。
ご協力のほどお願い致します。
さくらんぼ動物病院 TEL:0566-91-1512 ・トリミングサロン TEL:090-50072133
お問い合わせ ページTOPへ戻る